2007年02月18日

ジャンプ

さて大人の初心者スケート教室も、はや半年過ぎ。
私にしては続いているほうです。リネ並です!w

子供教室はすごい混みようだそうですが、大人向けは超マイペース。
小さい子がくるくるビールマンスピンする横でまったりとひょうたんすべり(´ー`*)

ですが、今日は先生が、

「今日はジャンプやりましょっか」

(´・ω・`)

ジャンプといっても、初歩の初歩、スリージャンプという半回転のジャンプです。向きをかえて側溝をまたぐみたいな見た目では簡単もので、テレビでやっている点数のつくルッツとかループとかの回転ジャンプではない のですが、ちゃんと

「前向きに滑り、アウトエッジにのってトウをつき、飛んで向きをかえて着氷して右足アウトエッジでランディング」

という過程があり、ドキドキものでトライしてみたら、
ちゃんとできました(´−`)v
先生曰く


「これに3回転よけいにつけるとトリプルアクセルです」

(゜∀゜)・・・


聞かなかったことにOrz



ステップやスピンができるといいなーとは思ったけどジャンプは別にやりたいと思ったこともなかったのですが、
半回転といえど、飛んでみると、
ジャンプって気分いい! 

もし自分が三回転四回転できる力があるのなら、がんばって飛びたいと思うだろうなと思いました。
それまで、見ているフィギュアスケートは、綺麗なポーズや流麗なスケーティングや迫力あるステップワークに心惹かれていたのですが、ジャンプはそれらとも少し違うのかもしれません。
うまくいえないけど、飛びたいって本能みたいな感じです。
可能性へのチャレンジという感覚に近いような。
フィギュアスケートになぜジャンプがあるのか、なくたっていいじゃんと思っていたけど、ああこれだとあってほしいというのもありだと、初めて思いました。

大人になってはじめても運動神経がよければ1年くらいで1回転ジャンプはとべるようになるらしいと聞いたことはありますが、私は運動音痴なもので。
ステップができたらいいなと思っていて、これをマスターしたい というのがあるとすれば、ジャンプではなく、イーグル(両足左右に開くバレエの2番ポジションで平らにすべるつなぎの技)なのです。
陸上でも2番ポジションはきちんとはできませんが、氷の上だとエッジ向きは正直なもので、すぐバランス崩れてしまいます。もっと柔軟と足腰鍛えないと〜なんですが。

でも、少しずつでも上手くなってる気がすると、なんとなく続けてしまいます。マイペースでまったり頑張ろうっと。

posted by しゅえ at 00:40| Comment(0) | スケート日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。