2007年12月03日

NHK杯

最近はリネ休止してます。
休止に理由はないけど、なんとなく・・・て感じで。
理由があるより、ないほうがたぶんヤバイですね。このまま忘れそう。

まぁリアルは普通にいつもどおりで、いつのまにやらスケートシーズン、NHK杯を見に行ってきましたヾ(´ー`)ノ


フィギュアスケート興味ない人でもなんとなく知ってたり見てたりのNHK杯。けっこーチケットとるの難しいので、観戦は実はこれが初めてでした。

遠いしチケット高いし・・・だけど見に行ってしまったのは、
高橋大輔VSトマシュ・ベルネルの4回転対決 が見たかったからです。

時にあれっ?ってな結果のことも多いフィギュアスケートですけど、今回のNHK杯はドツボにはまったこれ以上ない見事な優勝争いでした。

SPは高橋大輔3Aステップアウトでベルネル1位、でしたが、
逆転をかけた?FSの高橋大輔君の「ロミオとジュリエット」はほんとすごかったです。すごかったのは息もつかせぬスピードで次々とジャンプを決めていく後半で、3Aからの3連続が決まったときは会場が一気に沸いて震えがきたくらいです。
日米対抗やスケアメ放送でこのロミジュリを見たときは、普通路線すぎであんまり印象に残らない気がしたけど、いつのまにこんな素敵なプログラムになってたんだなぁと。ほんとに高橋大輔というスケーターさんのスケートは、見ている人もその場の空気も全部自分の滑りに引き込んでしまうんだなぁと思います。

ベルネル君も素晴らしすぎ華麗なる4回転ジャンプをはじめ、東洋的な振り付けから、ステップから、勇名トラ?って謎のロゴ衣装まで本当にすごくよかったので、本当に見応えがありました。
順位が決まってほしくないというかどっちもよかったから勝ち負けなしでと思いたい勝負もあるけど、でもこのときはどっちが勝ったか手に汗モードで見ていました。なんか、めいっぱい競技のフィギュアスケートを堪能した感じです。そういうのはけっこう珍しいかもしれません。
高橋君が逆転したのは技術点の差、あの一番盛り上がった3Aからの3連続が決め手のひとつかなぁとか思いました。、
高橋くんは3Aが綺麗に入るのが大きいですね。だから4回転もプログラム全体もますます生きるのかなと思います。

もう見に行ってよかったです。こんないい試合?を見れると、観戦やめられなくて困りますけどw


あ、NHK杯ではアイスダンスも面白かったのです!
カー組の宇宙人プログラムがすごく面白くて、バーチュー・モイア組の「シェルブールの雨傘」には泣けました。こんなに美しい素敵なのを放送しないなんて!とか思いましたけど、アイスダンスはシングルよりも会場で見る方がいいのかもしれません。空間(リンク)の使い方がよくわかるのと、衣装の裾とかの流れ方がとても綺麗で、動きと衣装の映えをよく考えて作っているんだな〜と思います。



ということで、次は全日本を見に行ったり・・・(コホ
posted by しゅえ at 01:45| Comment(0) | スケート日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。